SPRevo

裁量はほぼ無し!シンプルなトレードができるようにやっています。 複数の手法を利用していますが、どれもルールは簡単!チャートも見ない手法もありますが、結構面白いですよ!

2019年09月

【USDJPY】にてS-SPRevoが発動していました。
=====================

当ブログを既に読まれていて、ルールなどをご存知の方は下へ行って本編からどうぞ!
もし、初めて見に来たよ~って方はお手数ではありますが、ここから見ていただき、是非理解を深めていただきたいと感じます。

=====================
まずは、SPRevoという手法に関してですが。
基本は「ジョー・ディナポリ」という方の「シングル・ペネトレーション」という手法を基本としながらも、エントリーする際にいくつかのルール、フィルタリングを導入することで、通常でも勝率が高い手法ではあるが、より勝率良くしてより裁量無く、安心して取引できるようにならないかと検証中の手法になります。
  • S(シングル)
  • P(ペネトレーション)
  • Revo(レボリューション)
という簡単なネーミングですww

基本的なトレードルールをまとめています。



==========================
【ここから本編!!!】
USDJPYH1
ちょっと長かったですが、、、
私の始めての自動エントリーであった通貨になりますが、USDJPYが先ほど利確しましたのでお知らせしておこうと思います。

画像を見ていただくとわかるとおりですが、8月末にエントリーしてから、しっかり含み損にて推移している場面です。

SLにヒットかな~と思いましたが、、、
ここでは1.0レベルの上にSLがありますが、今回のトレードではSLは1.0レベルですので、お間違いないようにお願いします。

TPは0.18レベルですね。

あくまでも、損切りは「SLラインを終値で抜いたら」が条件になりますので、今回はヒゲで抜けはしましたが、終値では抜けてないので損切りを実行していません。

ルール通りなら、エントリー後にEntryラインに乗ってきた足で追加を選択しても良かったのかもしれませんが、今回は特にそういうことはしておりません。

自動自動といいながらですが、前回のEURGBPにおいて若干ロジックのずれを確認しましたので、修正をかけ、現在起動しなおしている所です。

TPはトリガーセットで利確していました。
他の通貨は現在システムを切ってしまったので、動きはあっても無いんですが、通貨毎の設定などをしつつ、最適化プログラムで組み合わせを探しながら少しずつ通貨を増やしていこうかなと思ってます。


=====================
【ここまで読んでいただいた方へ!】
ここまでご覧になっていただき、本当にありがとうございます!
大変見づらい部分もありますが、少しずつわかりやすいブログの内容にしたいと思っています。
是非、何かご意見がありましたら気軽にどうぞ!
批判などはご遠慮ください。。。。
最後ですが、あと少し最後まで見ていただければ幸です。LINEスタンプやランキングなどのボタンがありますので!

Twitterアカウントあります。
適当にほざいてますw


もしこのブログが気になる場合は、是非読者登録してみてね♪


もしよろしければ、ランキングのほうも登録してみてますので、、、ポチッと応援してください♪
↓ポチッとな

為替・FXランキング

にほんブログ村 為替ブログへ

にほんブログ村


FXとは関係ありませんが、LINEスタンプ販売中です♪
用語集 (2)

シングル・ペネトレーション改良版
トレードルールをここにまとめます。

ただし、設定やタイミングなどは随時私も実はこっちはどうか?こうならどうか?というように検証を行いながらその時に合わせた適切とされるパラメーターを探しているので、闇雲に同じようにするのではなく、いろいろ見ながら、、、考えながらしていくことは大切です。

==================
  1. DMAを「終値」で抜かない状況が8本以上の状態を探す(待つ)
  2. 8本以上の状態になった後にDMAを逆に抜けるのを待つ
  3. 2が起こった段階でフィボナッチを引く
  4. 38.2レベルラインをタッチするまで待つ
  5. SOがレベルラインをタッチするまで待つ
  6. 5の後SOとシグナルのクロスを待つ
  7. 6の後SOとシグナルがクロスしないことを確認する
  8. 7の時に終値が38.2とTPの間にあることを確認する
  9. エントリー
==================
簡単に見ていきます。
1.スラストと呼ばれる状態を待ちます。
2、3.この状態になったときにフィボナッチを引きます。
フィボの引き方に関しては↓


4,5,6,7,8.ですが、これは順番ではなく同時に監視していきます。
SOレベルタッチと38.2タッチが同時になることもありますし、クロス2回目の時に38.2レベル内に収まることもありますので同時に見ていくようにしてください。

但し、最終的にGOするのはあくまでもSOクロス2回目なので、その段階で他の条件がどうなっているかを確認しましょう!

==================
各種フィルタリングについての記事
フィボレベルとスラスト

フィボレベル38.2%

SO

==================
最後に、例えばSOのレベルが25-75より、20-80のほうがいいかもしれないし、シグナルはノータッチなのか?タッチ必須なのか?

そもそもスラストの基準本数は8でいいのか??

見るものが決まっているので、まずはこの見えてるものの設定を変えながら検証することはとても楽だと思います。
新しくあのインジいれたら、、、このインジいれたらというのはどうしても画面もごちゃごちゃしたり、条件としてのフィルタリングがさらに厳しくなることで取引回数が減ってしまい、ロットをあげざるを得ないということにも繋がります。

決して現在の設定が取引多めとは言えません。

自分のプログラミングの流れとして、少し取引が厳選されている場面もあります。

でも、今回のは実はインジとしてはSOとDMAのみです。
そして、フィボナッチのレベルと価格の推移に対してどうなっているか?を見るだけですので、さっきはエントリーできなかったが、今はできるのでは?とか、増し玉とか、、、

見るべき箇所はまだまだ沢山ありますので、また検証したらお知らせします。

==================
【ここまで読んでいただいた方へ!】
ここまでご覧になっていただき、本当にありがとうございます!
大変見づらい部分もありますが、少しずつわかりやすいブログの内容にしたいと思っています。
是非、何かご意見がありましたら気軽にどうぞ!
批判などはご遠慮ください。。。。
最後ですが、あと少し最後まで見ていただければ幸です。LINEスタンプやランキングなどのボタンがありますので!

Twitterアカウントあります。
適当にほざいてますw


もしこのブログが気になる場合は、是非読者登録してみてね♪


もしよろしければ、ランキングのほうも登録してみてますので、、、ポチッと応援してください♪
↓ポチッとな

為替・FXランキング

にほんブログ村 為替ブログへ

にほんブログ村


FXとは関係ありませんが、LINEスタンプ販売中です♪
用語集 (2)

本日【EURGBP】にてS-SPRevoが発動しました。
=====================

当ブログを既に読まれていて、ルールなどをご存知の方は下へ行って本編からどうぞ!
もし、初めて見に来たよ~って方はお手数ではありますが、ここから見ていただき、是非理解を深めていただきたいと感じます。

=====================
まずは、SPRevoという手法に関してですが。
基本は「ジョー・ディナポリ」という方の「シングル・ペネトレーション」という手法を基本としながらも、エントリーする際にいくつかのルール、フィルタリングを導入することで、通常でも勝率が高い手法ではあるが、より勝率良くしてより裁量無く、安心して取引できるようにならないかと検証中の手法になります。
  • S(シングル)
  • P(ペネトレーション)
  • Revo(レボリューション)
という簡単なネーミングですww
シングル・ペネトレーションについての記事



各フィルタリングやルールに関する記事


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


=====================

【ここから本編!!!】
EURGBPH1
投稿時のリアルタイムチャートです。
まずは、一つずつ見ていきましょう。
先週金曜日にDMA下のスラストを形成し、DMA上抜けによってフィボレベルをセットできました。
今回のフィボレベルの設定ですが、青の縦ラインの部分が高値としては高いところではありますが、、、
良く見ると、Downスラストを逆に見ていきましょう♪
陽線でDMA上抜けした足のさらに一つ前の足はDMA下に抜けています。

Downスラストですので、DMA上の足の高値を拾わなくてはいけないので、フィボの起点は画像の箇所となっています。

次に本日上窓推移だったんですね。。。。
はい、、、通知は見てましたが、チャートは見ておらず、、、最終サインが出るときに、そうなんだ~って見ましたww

少しヨコヨコかなと思いつつも、既にEntryライン(38.2)タッチは済んでいますね。

SOの設定ですが、今回のDownスラストの本数は「」ですので、フィボレベルを設定する段階でSOの設定は「9,3,3」となります。

Downなのでレベルタッチは75を見ますが、ローソクはヨコヨコでもSOは75タッチを観測。
その後はシグナルも75タッチを観測しています。

一回目のSODCを観測して、リーチ!!!価格もEntryラインより下で推移していますね。

次の足は陽線にはなりませんでしたが、SO<シグナルの状態継続となりEntryされました。

そんなに時間はかかってませんね。TPライン到達してから、、、、
怖いですねwww
噴火してるじゃないですかww

=======================
ちなみに、今回TP側でのCloseがうまく作動しませんでしたので手動決済しました。

原因は、スプレッドを用いた計算や、その挙動で価格的にはまだTPじゃないよ~ってなってる感じがします。
その辺をもっと細かく調整していかないといけません。

=====================
【ここまで読んでいただいた方へ!】
ここまでご覧になっていただき、本当にありがとうございます!
大変見づらい部分もありますが、少しずつわかりやすいブログの内容にしたいと思っています。
是非、何かご意見がありましたら気軽にどうぞ!
批判などはご遠慮ください。。。。
最後ですが、あと少し最後まで見ていただければ幸です。LINEスタンプやランキングなどのボタンがありますので!

Twitterアカウントあります。
適当にほざいてますw


もしこのブログが気になる場合は、是非読者登録してみてね♪


もしよろしければ、ランキングのほうも登録してみてますので、、、ポチッと応援してください♪
↓ポチッとな

為替・FXランキング

にほんブログ村 為替ブログへ

にほんブログ村


FXとは関係ありませんが、LINEスタンプ販売中です♪
用語集 (2)

こんにちわ!
9/1に対中関税第4弾発動により、本日窓明けは下だとみなさん思いましたか?

私も思いましたww
しかし、ポジション的にはう~~むだったんですが、、、

でも、織り込み済みってのもあったんですかね?なんか、思ったよりそうでもない感じで、、、
本日は米国市場お休みってのもあるのかな?すぐに窓は閉まりましたね。
=====================
さて、今回もフィルタリングのご紹介をしていきます。
今回は「ストキャスティクス(以下SO)」についてになりますが、、、その前に基本のディナポリチャートによるストキャスティクスをチャートにセットしておいてください。
こちらの記事にあります♪


そして、今現在ご紹介したフィルタリングに関してはこちら

そして、もう一つ


=====================
では、早速見て行きたいと思いますが、今回の「SO」のフィルタリングはこの一つのインジケーターで見ていくのが2種類あるのですが、、、フィボレベルができた時に設定をいじります。

まず、2種類の見ていくのはとても簡単で、当たり前の部分
  • 上限下限で設定されたレベルラインタッチ(75-25)
  • レベルラインタッチ後のSOとシグナルのGC又はDC
これだけですが、、、クロスに関しては1回目ではなく「2回目」のクロスまで待ちます。
これだけだと、、、ちょっと誤解が起きそうな文章ですが。。。
後で説明しますね♪

EURGBPH1
リアルタイムなチャートのEURGBPのチャートです。

Downスラストが発生して、DMA上に逆抜けでフィボを引いています。
38.2レベルはタッチしており、ブログ投稿現時点はギリギリですが38.2レベルより下に推移しそうな感じの部分です。

ここまでのフィルタリングは、これだけで、とても簡単ですね♪

では、、、順番としては全て同時に見て行ってOKです。
SOのフィルターが先かもしれないし、他のが先かもしれないし、、、
最終的に全ての条件が揃えばってのが大事なので!!

①スラストの本数に合わせたパラメーターに変更する
まずはこれ、、、基本の「ディナポリ・チャート」におけるSOの設定は、「8,3,3」でしたね。
どのサイトを見ても、この設定を変えるということを言っているサイトは無いんじゃないですかね?

つまり、私ごときが言ってることはどうかと思う状況ですけどねww

そもそも8って何だろう?って思ったときに、どこかのサイトでストキャスについてを説明されているサイトを見ていて、、、

みなさん。ストキャスってトレンドで使いますか?レンジで使いますか?って聞いたら、レンジと答える方が多いかな?
0-100の中で25-75を越えてくると売られすぎだよ、買われすぎだよってなるってことは当たり前の話ですが、、、
0-100っていうレベルの設定をどこに持ってくるのか?っていったら、高値-安値が当てはまって、その中での動きに対してここまで戻すならとか考えやすいと思います。

では0-100を高値-安値として設定するには?
その高値-安値のローソクの本数を数えるってのがもっともシンプルじゃないでしょうか?

それを見た時に、、、「スラストの発生は本以上」だから、SOの設定も「8,3,3」なのかな?って想像しました。

そうなると、、、スラストの本数が14本とか全然違うときって???ってなりませんか?www

私はなってしまいましたwww

そして、「n,3,3」として、スラストの本数をnに当てはめるようにしました。
これだけで、テストの結果は良くなったんですよ。

周りのコードは一切変えず、そこだけ変えてのテストです。

これはフィルタリングというよりは、設定の問題です。
今回のEURGBPの場合は「本」なので、設定は「9,3,3」としています。

=====================
さて、、、ここからがフィルタリングですが、とても簡単なので、サクッといきますね♪
②上限下限SOタッチ
SOの使い方として、L方向で考えるのならば下限(25)タッチ、S方向なら上限(75)タッチですね。
これをSOがするかどうか?

=====================
③SOとシグナルのクロス
②のタッチが起こったあとです。起こる前のクロスは見ていません。
②のタッチが起こったあとに1回目のクロスが起こります。
L方向ならGC、S方向ならDCです。
L方向で説明しますが、基本的に下に向かっている時値としてはSO<シグナルでSOの方が低いはずです。
それが、25タッチしてクロスとなるとSO>シグナルという状態になります。
ここが1回目で、、、
2回目はSO>シグナルの状態が継続された時です。

クロスを二回するわけではなく、1回クロスした後、そのままの状態が継続された時、、、

最終的にはこれがエントリーポイントになる部分です。

=====================
EURGBPH1
じつはこのブログを書いている間にS-SPRevoが発動しています。
スラスト発生(9本)→38.2レベル下→SO75タッチ→DC一回→そのまま継続

これが、現在私の見ている「シングル・ペネトレーション改良型」になります!!!

簡単ですが、エントリーサインはあまり出ませんよwww

次回は、EURGBPのトレード部分だったり、TPとSLの設定について投稿しますね♪
=====================

【ここまで読んでいただいた方へ!】
ここまでご覧になっていただき、本当にありがとうございます!
大変見づらい部分もありますが、少しずつわかりやすいブログの内容にしたいと思っています。
是非、何かご意見がありましたら気軽にどうぞ!
批判などはご遠慮ください。。。。
最後ですが、あと少し最後まで見ていただければ幸です。LINEスタンプやランキングなどのボタンがありますので!

Twitterアカウントあります。
適当にほざいてますw


もしこのブログが気になる場合は、是非読者登録してみてね♪


もしよろしければ、ランキングのほうも登録してみてますので、、、ポチッと応援してください♪
↓ポチッとな

為替・FXランキング

にほんブログ村 為替ブログへ

にほんブログ村


FXとは関係ありませんが、LINEスタンプ販売中です♪
用語集 (2)

このページのトップヘ